結婚指輪に入れる刻印は何をいれたらいい?

結婚指輪の内側には刻印を入れる事ができます。

スペースは限られますし、ブランドやお店によっては文字数や刻印の種類が決まっている場合もありますが刻印を入れる場合はどのようなものがいいのかも知っておきましょう。

特に決まりはありませんし、結婚指輪を選ぶ時に店員さんから刻印をどうするか聞かれると思います。

予め用意されたパターンから選ぶというのが一般的ですが、オーダーメイドの結婚指輪の場合は、刻印もある程度はオリジナルで希望を叶えてもらえますので相談してみましょう。

刻印で最も多いのが、お互いのイニシャルです。

夫のイニシャルをA、妻のイニシャルをBと仮定した場合は、「A to B」「A & B」などシンプルにするのも人気ですし、結婚した西暦や日付をプラスする事もできます。

文字数が限られており、文字が増えると刻印料金が別途発生するような場合には、イニシャルだけにするのもいいかもしれません。

他にはLove、Forever、Love is Eternalというように、英語で愛や永遠を意味する言葉を刻印するのも人気があります。

英語以外にも様々な国の言葉を使う事もできますが、結婚指輪を購入するお店によっても対応は変わりますので、購入前にどのような刻印を入れる事が出来るのかも確認しておくと安心です。

結婚指輪は一生の記念になる物ですし、身につけている時間も多くなります。

夫婦で使うものですから、お互いがよく話し合って結婚指輪に入れる刻印を決めるのも素敵だと思います。

おすすめの結婚指輪をご紹介⇒http://www.diamond-shiraishi.jp/

Welcome , today is 土曜日, 2017年10月21日